スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


奈良チャプター第5戦津風呂湖
カテゴリ: 奈良チャプター
週末は奈良チャプ第5戦出場のため
津風呂湖へ行ってきました。

本来なら津風呂湖の場合
金曜日の夜は普通に就寝して
土曜の朝に出発するのですが
ちょっと寝てみてもなんだか眠れないので
とっとと出かけることにしました。

P8070002_convert_20090810221332.jpg

まだ金曜日の夜11時過ぎです。
こんなに早く行ってどーすんの?(^-^;

まずはガソリンを満タンにします。

P8070005_convert_20090810221357.jpg

出発するときのこういうひとときって
なんだか好きです(^-^)

しかし外環に出てみると何故かすごい渋滞です(-_-)

P8070006_convert_20090810221419.jpg

まぁ、急がへんからいいけどぉ(-0-)

さて、まずは前日プラの状況ですが...

とにかく、暑い(-0-)

でもって、いつものことなんですが
試合の週になるといままでとまったく状況が
変わってました。

まぁ、これが天候のせいなのかなんなのか...

結局、800gを筆頭に1700g程度しか
釣れませんでした。
まぁ、前日は釣れなくてもいいんですけど
それよりもなによりも、僕が考えていたエリアから
バスが消えていました(T-T)

別にピンで狙っているわけではなく
バスの移動に合わせて毎週違う場所で釣っていたので
同じように探せばいいやとかる~く考えていたのですが
なんだかいつもと様子が違います。

様子が違う原因ははっきりとわかっていたのですが
原因がわかっていても、肝心の対策が思い浮かばないのが
今の僕の実力です(T0T)

予定どおり雨が降れば、その原因を取り除いてくれるのか...

まさに、天に運をまかせて試合当日を迎えることと
なってしまいました。

まぁ、本来は2週間後にJB戦があるので
内容は詳しく明かせませんが...と言いたいところですが
まったくもって意味のない一日を過ごしてしまったので
反省の意味も込めて、いつものごとく大公開です(笑)

で、当日ですがこんなときに限ってフライトカードは
こんな番号でした。

P8090008_convert_20090810221443.jpg

んっ?どっちかな?
僕のは左です(^-^)

右はJB津風呂湖のチームメイト和田プロのカードです(笑)
何かいいことあるのかな?(・ ・?

前日の状況と、このフライト順になったことにより
まず、前日簡単にキーパーが取れていた場所へ直行する
ことにしました。

キーパー自体は別にどっちでもよかったんですが
どうせ魚を探す一日になりそうだったので
気持ちを楽にしてから探しに行こうかなぁという
作戦?です(^-^)

で、いきなりこれが裏目にでちゃったようなんですが
あれだけ簡単にキーパーが取れていた場所から
バスが消えていました(T-T)

雨がいい感じに降って、前日よりもよっぽど釣れそうな
雰囲気だったのですが、ノンキーの反応さえも悪いです。

あれぇ?魚動いちゃたなぁと思って
移動するとすれば...というところに行ってみると
ノンキーの入れ食いです(T0T)

こ、こんなことしとったら、あかん(-0-;

さっさと大移動することにしました。

そして、いつもより丁寧に丁寧に魚を探しながら釣ってみますが...

って...良く考えるといつもより丁寧にっていう時点で
いつもと違う釣りのリズムになっているんでしょうか?
よくわかりません(T0T)

ほんまに、全然魚が見つかりません。

ここで思い切って決断し、プラでは切り捨てていた場所へ
これまた大移動することにしました。

もう、すでにダメダメモードですよね、これって。

で、これまたこの場所がすごかったです。
釣っても釣っても子バスばかり。

だいたい子バスが釣れる場所って、もちろん
同じサイズばかりなのでその場所は切り捨てちゃって
かまわないと思うのですが、ここは異常でした。

シャローを打とうが沖の5~6mをやろうが
どのラインに投げても、子バスが食ってきます。

まちがなく何千匹といますね、これは。
そのうち、こっちに投げたらさすがにくわんやろ
と意味のないことをやってみるのですが
それでも、ワンキャストワンヒットです。

どんどんワームがなくなり、どんどん新しい袋を
開けることになります(T-T)

そんなことをやりつつ200mくらい移動したところで
ようやく本日のキーパーが釣れたのが、すでに11時15分でした。

さらに、大量の子バスと格闘しつつ、リミットを揃えたのが
12時15分。

はぁ、今日はバス何本釣ったんやろ?(-0-)

とそのとき、子バスと格闘していたエリアでボイルが始まりました。

そのときは100mくらい離れていたので
手も足も出ない状態ですが、なんかとんでもなく大きなバスです。

異様な爆音を何度も何度もとどろかせていました。

...なんや...おったんやん...デカイやつ(T-T)

ある意味、この状態でリミット揃えたのは
よー頑張ったかなぁという想いはあったのですが
3本揃えて5点というのも、かなり情けない話ですよね。

2週間後の本番ではこんどこそ納得できる試合を
やりたいものです。

えっ、今回は本番じゃなかったのかって?

ん~(-0-)...そーいうことに、しといてください!(爆)

それにしても、優勝した和田プロの魚は見事でしたねぇ!
本当におめでとうございました!
楓井さんも山岡プロもおそらく満足いく釣果じゃなかったんじゃ
ないかなぁなどと勝手に想像していますが
そんな中でキッチリ結果は出してくるところに
逆に凄味を感じますねぇ。

鍵谷プロも本当にうれしそうでしたね。
おめでとうございました!
一生懸命練習すれば、絶対に結果が付いてきますね(^-^)
まぁ、一応僕も一生懸命練習してるんですけどねぇ(-0-)
よしきさんも、すっかりお立ちの常連になってしまって
うらやましい限りです。おめでとうございました!

さて...盆休みに入ることやし
頑張って練習しますかぁ!(^-^)

あっ、そうそう今回はあまりのショックに自分の魚の
写真を撮り忘れてしまいましたぁ(爆)
スポンサーサイト
2009.08.10 / コメント:: 10 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


奈良チャプター第4戦 津風呂湖
カテゴリ: 奈良チャプター
なんだか随分トーナメントから遠ざかっていたような
気がしますが、2週間続けて津風呂湖戦です。
まずはNBCチャプター奈良第4戦に参加しました。

前日プラに入る前の金曜日の夜...っていうか
12時過ぎてたので土曜日になっていましたが
深夜に紺甚釣具店さんにおじゃましておりました。

この2戦に賭けるためのロッドを用意してもらって
いたんです。
いつも、無理言って、どーもすみません。

ロッドに加えて、あんな秘密兵器やこんな秘密兵器も
入手して...久しぶりに大人になったような気がします(爆)

そんな感じで、久しぶりの試合に向けて
気合も準備も万端のはずだったんですが
家にくつを忘れてきてしまいました(T-T)

くつを取りに家まで帰るわけにもいかず
土曜日のプラのあと買いに行きました。
その夜は実家に戻りました。

今度こそ準備万端にしようと思い
タックル一式とウェア一式を車から降ろしたのですが
あまりの疲れにもうろうとして何もせずに
気を失うかのように寝てしまいました。

翌朝は朝3時に起床してタックルを積み込み
津風呂湖の会場へ。
到着して荷物を降ろしていると
あることに気がついて、血の気が引きました。
トーナメントシャツを実家に忘れてきてしまったのです。

正直、もうあかんかと思いましたが
実家にシャツを取りに帰りました。
もう一度津風呂湖に到着すると
たくさんの選手が会場前に集まっていました。

なんとか、間一髪間にあったようです。
和田プロにもご迷惑をおかけしまして
どうもすみませんでした。
おかげで助かりました。

朝、会場で私がバタバタして一人汗まみれになっていたのは
そういう事情によるものでした。

この時点で、すべての気力を使い果たしてしまったため

P6210005_convert_20090624212939.jpg

これ1本釣るのが精一杯でした...(-0-)

ということにしといてください!(T0T)

今週こそは準備万端で行きますよ~(^0^)v

ちなみにこちらは、前日プラでまだ気力十分だったときの
釣果です(笑)

P6200001_convert_20090624212742.jpg

吉田さんもナイスフィッシュです!
...同じく前日プラですけどぉ(^-^;

P6200004_convert_20090624212906.jpg


あっ、忘れたくつは家に帰ると玄関の前に
ポツンと置き去りにされていました(-0-)

話はいろいろ前後しますが
前日プラで谷口プロとお話もさせていただき
釣りを目の前で見る機会がありました。
そして目の前で余裕の50アップをヒットさせて
はりましたし...。
さすがの一言で、本当に勉強になりました。
上手な方の釣りを直接見るってことは
本当にいろいろ学べますね。
どうも、ありがとうございました。

最後に、楓井さん、増田プロ、津田さん、森口プロ
いつもお世話になっているみなさんが揃ってお立ち
に上がって、本当におめでとうございました!
ほんま、刺激強すぎですわぁ(^-^;

僕も、そろそろいっときたいなぁ(笑)

下地さんのアドバイスも生かして
前日プラがんばってみま~す(^-^)/
2009.06.24 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


NBCチャプター奈良第3戦七色ダム当日
カテゴリ: 奈良チャプター
4月12日(日)NBCチャプター奈良第3戦
七色ダムへ参戦してきました。
先週がJB津風呂湖第1戦で前日は仕事のため
3月1日の奈良チャプ第2戦以来の七色ダムです。
そのため、フィールド状況もわからず
どこで何をすれば良いのか見当もつかない
なかでいろいろと考えました。

(1)時期的に考えるとプリのハイウエイト戦になるだろう
(2)天気が良く、気温の高い日が続いている
(3)月齢を見てもドンピシャな日ではある
(4)ただし水温と日付を考慮するとネスト戦には若干早い?

上記のような状態ですから、プラに入ることができたら
確認事項をすべて潰していけば戦略を立てることが
できるのですが、今回はそれができません。

その中で考えたことを列挙すると

(1)ネスト絡みのビッグバスを探しながら
  見えバスがいれば、そちらもサイトで狙う。
  エリアは、黒潮ワンド手前、本流のワンド、ダムサイト。
(2)大又川上流に絞ったサイトフィッシング。
  一般の方もたくさん釣りに訪れているでしょうから
  西の川は捨てる。
(3)本流の立ち木につくバスを狙う。
  エリアは本流中流域および下流域。
(4)状況がどうであろうと必ずバスがいると思われる
  会場前。

これらを整理して当日のプランを立てました。
ただし、第2戦でノーフィッシュだったこともあったので
3本リミット達成を最優先させることにしました。

(1)朝一番は会場前でサイズにこだわらずに3本揃える。
(2)3本揃った時点で黒潮ワンド手前のエリアへ移動。
(3)その後、本流のワンドへ移動。
(4)その時点で持っているウエイトとフィールド状況により
  ダムサイトへ行くか、大又川上流へ行く。

というようなプランでした。

受付を済ませ、フライトカードは青の5番。

P4120032_convert_20090413220101.jpg

ちなみに、リーダー宮井くんは赤の1番。
もし、赤からのフライトだった場合は
会場前に入る選手の状況により(1)のプランは捨てなければ
いけません。
そして前回優勝者の山岡プロが引いたのは「青」でした。
これで5番目のフライトになりました。

ミーティングが終了して、選手達が全員湖上に浮かびます。

さて、この人はスータト前、何を想って遠くを見つめてるのでしょうか。

P4120033_convert_20090413220123.jpg

僕はフライトが早いので、この人はほっといて...
そして...小口橋に向かいます(笑)

ここで、少し迷いました。
「このまま黒潮ワンド手前へ行けば
狙いのポイントに入れるな...」

しかし、そこの状況もわかっていない状態で
プランを崩すのもいかがなものか...

小口橋を過ぎてUターンしました。
やはりまず、会場前です。
ほぼ同時に他2艇がUターンしました。

これで3艇か...
まぁ、これなら大丈夫かな。

この2艇は僕の前で、デッドスローエリアですから
抜かす訳にはいきません。

1艇は会場前シャローから落ち込むブレイクライン。
もう1艇は僕がやりたかった水中の立ち木前へ。
僕は一番岸よりに入って、まずはオーバハングを狙いました。

最初はオーバーハングを狙わずに手前のブレイクを
探るためにライトキャロを投入します。
キャストしてシンカーが着底するのを待ち
そしてその後にノーシンカー状態のワームが落ち着くのを待ち...

って、待つ前にラインが動きます。

いきなりかいっ!(>_<)

慎重にラインスラックをとって...

はなしたぁ~(T-T)

ふ、ふんっ!きっと子バスさ!(-0-)

まぁ、やっぱりバスはいる。
もう一度慎重にキャスト。
慎重に、慎重に...でも反応なし。

ちょっとオーバーハング下に入れるか...。
ノーシンカーに換えて1投目。

ア、アタリですっ!(@-@)

えいっ!(>_<)...乗らへ~ん!(T-T)

ふ、ふんっ!きっとギルさ!(-0-)

ちょっと様子を見ようと、ジグヘッドのスイミングを投入します。
ヘコヘコ泳がしてくると、ナイスキーパーがついてきます(T-T)

そこで、さらにタイトにキャストして若干カーブフォール気味に
スイミングさせると、再びバイトぉ!

けど、抜けたぁ!(T0T)

この日のジグヘッドは普段と違ってよりタイトに攻められる
ようにと、モノガード付を使用していました。

こんなんいらん!(>_<)
即座にガードをペンチで引っこ抜きました。

まだ、数キャストしかしてへんのに
すでに3度のミス。
どーなってんの~(T-T)

落ち着いて釣りをするために
伝家の宝刀、ネコリグに変更です。

こちらも今日はガード付を使用しているので
レイダウンに絡めてリグを操作します。

またまたアタリです!(@_@)

フッキングすると!...木に化けたぁ!!!(T0T)(T0T)(T0T)

あ、あかん...(-0-)

ちょっと、様子を見てみるかぁ...

リグを回収がてらオーバーハングとその横のレイダウンに
近づいて見てみると、やはりバスがいます。

しばらく観察していると、どこからともなく泳いできて
通過していくバスもいます。

とりあえず、落ち着いて1本やな、と思ってふと横を見ると
デカバスも浮いてきました。

やっぱりおるやん(T-T)

この状況やったら、どこ行ってもバスおるんちゃうん?
とは思いましたが、ここで移動して彷徨うのは
やっぱりあかんと思い、初志貫徹、3本取ったら
移動しても良い、と自分に言い聞かせます。

こんな状況でしたが、他の2艇は釣れている様子がありません。

1艇がしびれを切らしたのか移動したので
本命の立ち木を狙います。

たまに喜多さんが車のところに降りてくるので
手を振ります(^-^)

そして、ようやくライトキャロにファーストフィッシュがきました。
400g強の魚でしたが...やっときました(-0-)ホッ。
ライブウェルに水を入れてバスをキープします。

そして同じところに次のキャストをすると...

またまたきましたぁ(^-^)/

こんどは300g強の魚でしたけど(^-^;

はいはい、いいですよ。
あと1本釣って移動するぞぉ!
時間は9時。まだまだ時間はあります。

この2本は立ち木をダイレクトにではなく
手前のブレイクを狙いました。
その後バイトがなかったので、今度は立ち木を
ダイレクトに狙います。

キャストして少し待ってるとバイトがありました。
大きなストロークと同時に巻き合わせをすると
...また木に化けてしまいました(T-T)

なんか、今日はあかんなぁ...(-0-)

いや...(-0-)...今日も...か...(自爆)

実はここまでにたくさんのビッグバスが浮いてきていました。
サイズはともかく3本釣ると決めて居座ったのもありますが
これらのバスを見てしまったのも、その要因の一つです。
ミノーをスローにただ引きしたり、ジグヘッドのスイミングや
スモラバでのアプローチ、ヴェイン8インチノーシンカーを水面付近
で1点シェイクなど、その他さまざまなアプローチを試みましたが
良いサイズのバスは反応してくれません。

リグやワーム、プラグをとっかえひっかえするもんですから
すでにボートの上はすごいことになっていました(^-^;

他の選手もたまに会場前にはやってきますが
全然釣れないので、すぐに移動していきました。

そうこうしているうちに11時半になってしまいました(T-T)
最後は伝家の宝刀ネコリグをキャストしてこれで区切りをつけて
最後の1本を捕りに行くかぁ。

実は今日はネコリグをいつものロッドにリグっていませんでした。
というのも、状況がわからない状態でたくさんのタックルを
用意していたものですから、その組み合わせの都合で
普段出番のないロッドにリグっていました。

やっぱり、いつものやつにしよ(-0-)

いつものやつとはメガバスの霧雨なんですが
こちらにネコリグをリグッて立ち木手前にキャスト。

霧雨だからこそできる、いつもの繊細なシェイクと
ポーズを織り交ぜて、ヴェインに命を吹き込んでやります。

答えは一投で出ました。
いったんバスはワームを離しました。
でもこのロッドなら大丈夫。
和田プロに録画していただいたエリート5を、何度も何度も
見て頭に叩き込んだ青木プロのシェイクを再現します(爆)
僕が浮いてるのは、紛れもなく七色ダムなのですが
今僕の頭の中のイメージは、完全に利根川のテトラ帯です(爆々)

いったんワームを離したバスに追い食いさせて
スィープフッキング&巻き合わせ。
しっかりとバスの手応えが伝わってきます。

やぱり、これやわぁ。
霧雨ちゃん浮気してゴメン。
あなただから、捕れるバスやねんなぁ(T-T)

でも、ちっさぁ!!!(T0T)

とりあえず、300g強のキーパーをキープです。

奥出会長が戻ってきました。
最後はこの会場前ってやつですかね。

もう、そんな時間かぁ(-0-)

そのとき叫び声が聞こえてきました!(@_@)

この日僕はずっと会場前に居座っていたわけですが
もう一人の選手が同じように粘っていました。
チームリザーバーのトーナメントシャツを着ている
方なのですが、僕がまだお話しをしたことのない方でした。

いかつい...いや(^-^;...風格のある風貌の方なのですが
まるで、女性の悲鳴のような甲高い叫び声が...

どうやら、ヒットしたバスをランディングできなかったようです。
遠目にボートデッキで崩れ落ちる姿が見えました。

バスを1本持っていたようなので、おそらく2本目
だったのでしょうか、残念です。

それはそうと、僕の方も残り時間なんとかしないといけない
のですが、いかんせん時間がありません。
僕のエリアを奥出会長に譲って、会場前から下流に向かって
バスを探しに行きます。

ミドストでバスを探しながら岸際を流していきます。

そのときです!再びあの甲高い叫び声が!!!(@0@)

このとき僕は岸際にいたので、ブラインドで姿は見えませんでしたが
どうやら、再びミスってしまったようです。

帰着後、桟橋でその時の様子を聞いてみると
1回目はまだしも2回目はかなり大きなバスだったそうです。
「普段はこんなことはないのにぃ!(>_<)」
ってとても悔しがっていらっしゃいましたが
ほんと、試合の時ってそんなもんなんですよねぇ。
必要以上に力が入ったり、逆に慎重になりすぎて
失敗したり(-0-)

その気持ち、よ~くわかりますよ~!(T-T)
僕もいっつもそうですから~!(爆)

でも、僕の試合はまだ終わっていません。
岸際を流していき、オーバーハングのところに来たときでした。
なんか、いっぱい魚がいます。
フナとギルですが、よーく観察していると
間違いなくバスもいます。

ノーシンカーのタックルに持ち替えて
スキッピングで奥にキャストすると
一発で答えがでました。

入れ替えです。

そのころから急に風が強くなってきました。
残り時間は少ないですが、会場は目の前で
まだまだバスはいます。

キャストするとワームが風に流されてうまく入ってくれません。
風を計算していいところに入ったかと思うと
メインディングする間もなくラインが風に煽られて
やはりワームが流されてしまいます(T-T)

キャストはしにくくなりますが、風の影響を考えてボートを移動して
再度試みます。
スキップしたワームがほどよく枝に絡んでくれて
ラインの処理をする間を与えてくれました。
そしてスルッとワームを滑らせると、バスの反応が見えました。

スゥィープにしかしバットにしっかりとのせてフッキングします。
今までのバスとはちょっと引きが違います。

とは言っても800g強のバスですが、ナイスキーパーです(^-^)

っていうか、今日1日の粘りはなんだったんだぁ!って感じですが(^-^;
これで2本目の入れ替えです。

続々と選手のみなさんが戻ってきますが、まだまだ釣れるはずです。
しかし、ますます風が強くなり、キャストが思うようにできません(T-T)

戻ってきた宮井くんに
「頼むぅ!風とめてぇ!」
とどうやっても無理なお願いを真剣に叫んでいました(-0-)

ということで、今日の試合はこれで終わりです。

まぁ、こうやって、結構一生懸命釣ってはみたんですが
続々とウエインされる他の選手のバスを見ると...

こりゃぁ、蚊帳の外ですな...(^-^;ハハハ..
あっ、ちなみに3本1610gで17位です。
ちゅーか、もうちょっとでポイント圏外やん(-0-)あぶなー

P4120034_convert_20090413220147.jpg

でも、結構楽しかったですよ(*^-^*)

またこれで、しばらく七色とお別れかと思うと
ちょっと寂しいですけどね。

僕もなんとかリミット達成でしたが
リーダーの宮井くんもきっちりリミット達成してくれました(^-^)

P4120038_convert_20090413220212.jpg

あっ、ごめん。
目つぶってるの気がつかんかった(-0-)

サイズには恵まれず、リミット達成したにもかかわらず
ポイント圏外だったのは残念でしたが
きっと、すぐに結果がでますよ!(^-^)v

井上さんも2キロオーバーをウエインしたにも
かかわらず、10位でした。

P4120039_convert_20090413220248.jpg

でも、これぐらい釣れる試合で競うほうが楽しいですよね!

毎週の津風呂湖プラからJB津風呂湖第1戦
そして今回の奈良チャプ第3戦と突っ走ってきましたが
僕はこれでとりあえず一段落です(^-^)

2週間後または3週間後からまた津風呂湖通いの予定です。
さぁ、また頑張るぞぉ!(^0^)/
2009.04.13 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


七色釣行を振り返って
カテゴリ: 奈良チャプター
自分のためにも、年末からの七色釣行を振り返って
みようと思います。
また来年読み返したら、参考になるかも知れないし...。

年末の釣りは僕にとって冬の釣りではなく
秋の釣りの延長です。

で、秋の釣りの中でもディープをメインに考えました。
僕のイメージでは冬のディープは魚が小さくて
秋のディープは魚がでかいです。

でかいと言っても狙っているのはキロフィッシュ前後。
で、ディープと言っても深くて11mくらいまで。

メインは8~10mです。

今の僕にとって、秋のシャローでバスをおっかける
自信がありませんでした。

あまりにも動きに法則性が見いだしにくく
かつ、移動が激しいからです。

それにひきかえこの時期のディープは
ある程度地形と水の流れで大方読めるので
まったくバスを見失ってしまうという事態が
起こりにくいんですね。

それに、食欲も旺盛?なのか
バスさえいれば一発でバイトが出るので
見切りやすくもなります。

さらにバスも固まりやすいのか
魚探での確認もしやすい時期です。

そんなこともあってか、僕が過去にお立ちに上がって
るのは、圧倒的に秋が多いです。

そして、今年もその考えの延長線で第1戦を迎えた
訳ですが、やはり年明けからは考えを少し変えないと
いけないみたいですね。

それでも獲れる魚はいるようなのですが
ちょっと釣れ方が違うようです。

今から来年のことを考えるのはあまりにも
気が早いのですが...(^-^;

そのズレを修正することが来年の大きな課題のようです。

そして、第1戦目が終了したその日に
うちのリーダーに言いました。

「今日でディープは終わり。」

リーダーも?って顔してました。

例年の僕でしたら、第2戦目もディープの戦略を
組んでました。

でも、これまた長年の経験より
ディープの魚が小さくなって、かつ確実性が
無くなっていくことがようやくわかってきていたので
この日以降は1m~5m程度の水深に照準をあわせて
釣りをすることを決めていました。

さらに、ボトムの釣りもやめて
中層の釣りに挑戦することに決めていました。

イメージとしては...

中層を「追わせて獲る」のでなく、「浮かせて獲る」です。

その中心となったのがジグヘッドのスイミングです。

初めての兆戦でしたから、とにかくやり続けるしか
ないということで、ちょっと無理はしましたが
あの吹雪の中、延々この釣りを通しました。

で、やり続けるとやはりいいことはあるもので
イメージどおりのバスが少し釣れるようになりました(^0^)

P2070028_convert_20090305235036.jpg

水深は1mから5mと書きましたが
正直言って、どの水深にいる魚なのかわ
ちょっとわかりません。
あくまでリグを通す水深が浅いだけで
どのバスもエア抜きは必要な状態です。

それだけ、さかなの移動...それも上下の移動が激しい
ということなのでしょう。

だから、過去の僕にはこの時期なかなかバスが釣れなかった
のだと思います。

50cmを超える大きな体力のあるバスは
バイトが目で見える水深で掛けても
水深20mを超える超ディープまで平気で潜って行きます。

ボート際までやっと引き上げても、また潜って行きます。

水深0mから20m越えまで何度も何度も往復します。
すごいですねぇ。
こっちがへこたれそうになります(^-^;

それにしても2月の激寒期にあんな光景に出会うとは
思いませんでした。

今でもしっかりと目に焼きついています。

夕方のひと時ですが、50cmから60cm超えのバスが
僕の操るジグヘッドに次々と襲い掛かってくるんです。

白い大きな口が見えたかと思うとフッキング後
猛然とディープへ向かって潜っていきます。

ラインブレイクにうちひしがれながらも
再度トライすると、今度は複数で奪いにきます。

バスをランディングするのに非常に時間がかかるものですから
スロープに戻らなければいけない時間が迫ってきます。

後ろ髪をおもいっきり引っ張られながら
ストップフィッシングしました(T-T)

本当に衝撃の出来事でした。

P2070031_convert_20090305235110.jpg


第2戦目までの毎日、その光景だけを繰り返し繰り返し
想い返しながら...あんな結果になってしまいましたぁ(T0T)

偏西風による北の冷たい空気と南の暖かい空気のせめぎあい
によって発生する「三寒四温」

いつもこの「寒」と「温」がトーナメント日程と
どのように交錯するのかが非常に悩ましいこの時期ですが
行きつ戻りつする季節の中でも、確実にバスの行動が
進んで行くこともよくわかりました。

それにしても、今年はちょっと早すぎますよね(^-^;

まぁ、少しわかっただけでバスがすぐに釣れるように
なるわけでもなし...やっぱり練習に勝るものはないですよね。

今週はちょっと釣りはお休みの予定ですが
次からは、JB津風呂湖戦に向けて練習がんばりますよ~(* ̄∇ ̄*)
2009.03.06 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


TEAM Reservoir
カテゴリ: 奈良チャプター
リザーバーのみなさん、いつもお世話になってますm(_ _)m
それにしても、本当に安定してますねぇ。

奈良チャプター第2戦においても
2位、3位、5位と相変わらずお立ち台を青色に染めています。

P3010002_convert_20090302233328.jpg

リザーバーのメンバーがお立ち台に上がらない大会って
ないんじゃないですか?

みなさん、本当に練習熱心ですもんねぇ(-0-)

イメージとしては、特にディープの釣りが上手ですよね。

その昔、今江さんが琵琶湖北湖の釣りに目覚めたとき?
10mのさかなを「深海魚」と呼んでいました。

リザーバーのみなさんにとって、10m程度は
シャローのさかなじゃないですか?(^0^)

それにしても、どーやったらあの成績を出し
続けられるんでしょうねぇ(-0-)

是非メンバーのみなさんはブログで秘密をぜーんぶ
はいてしまいなさい!(^0^)
2009.03.04 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

hello.kensuke

Author:hello.kensuke
山田謙介
TEAM BLADE 代表
NBCチャプター津風呂湖 会長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。