スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


JB津風呂湖第4戦ジャッカルカップの試合当日の模様です
カテゴリ: JB津風呂湖
9月19日JB津風呂湖第4戦ジャッカルカップの
試合当日の模様です。

3番フライトの僕は左の筋に向かったのですが
僕の前にTOP50の山岡プロが進んでいます。

まずは、一つ目の岬に入りました。
まだフライトのコールが続いている中
キャストを開始します。

いよいよ最終戦の開始です。

でも、キャストする前からちょっとなさそうかなぁ
と思ってました。
あまりに静かすぎて、水面もべたなぎです。
生命感ゼロです。

確認のためのキャストを何投か行いましたが
次へ移動することにしました。

この時点でスタートしていない選手はまだまだ
たくさんいます。
上流へ移動しながら各岬を撃っていこうかと
思いましたが、山岡プロがいたので
一声掛けてさらに上流へ向かいました。

今度は橋をくぐって左側の岬に入りました。
その奥には角谷プロが陣取っています。

ここでも到着と同時に前日と雰囲気が違うことが
すぐにわかりました。
まったく生命感がありません。

ここも一通り撃ってからさらに上流へ移動します。

今日は一日ランガンになりそうです。

そして次の岬に差し掛かると
ここはなんだか魚で騒がしい感じがします。

たまに魚体が見えるのはフナです。
どうもベイトもいるようです。

そして何投目かに本日の初バイトがありました。
岬の沖に投げたライトキャロをスイミングさせていると
突然ロッドに重量感が伝わってきました。

キロから1500g程度の魚なら

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

ってなもんですが、今回は瞬間的に

ヤ・バ・イ( ̄0 ̄;)...って感じでした。

さらに沖に連れていきたいのですが
まったく誘導できる状態ではありません。

でも、焦らずやりとりすれば必ず獲れると思い
耐えます。
ラインは3lb。
魚とけんかしたら一発で切られてしまいます。

ツージーさんいわく10分くらいやりとりしていた
そうですが、僕には時間の感覚はまったくわかりませんでした。

そして、静かに静かにネットインした瞬間...

よっしゃ~!!やったぁ!!(^0^)/

思いっきり叫ばしてもらいました(笑)

55cm、2500gオーバーのキッカーフィッシュです。
これやから、トーナメントはやめられませんねん!!!

時間は8:30でした。
魚のケアやタックルを直したりして
釣り再開まで時間がかかりましたが
焦る必要はありません。

そして、サイズにこだわらず2本キーパーを取りに
行くことにしました。
さらに上流に上がった岩盤エリアがキーパー場だったので
9時前と9時10分くらいに共に200g程度ですが
2本追加して、とりあえずリミットメイクです。

200gと言っても、2500gに400g足せるわけですから
非常に大きいですよね。

それに200g程度ならどこでも釣れば入れ替えは簡単だろうと
さらにランガンをすることにしました。

今度は下流へ向かいますが、要所要所は
どこもかしこも釣る場所がありません。

そのまま右側筋の屋敷跡対岸の台形岬まできてしまいましたが
ここではさらにすきまなく選手が並んでいます。
ここ、そんな人気やったの?
って感じですが、とうとうおとげ対岸上流のガレ場まで
きてしまいました。

やっと釣りができる場所があったので
とりあえず再開してみますが
よく考えるとそんなことをしている場合でもありません(^-^;

そんなことをしているうちに11:30をまわっていました。
そして朝一に入った岬を目指します。

このときは朝と違って結構風が吹いていました。
この風がいいんですよねぇ。

先行者が移動したあとに岬へ入り
しばらくするといい手ごたえが伝わってきました。
そしてジャンプしたバスを見て驚きました。

よくても500g~700gかと思っていたら
余裕のキロアップです。

そこからは時間をたっぷりかけて取り込みました。
1200gで余裕の入れ替えです(^-^)v
時間は12:00。

そらにバイトは続きます。
先ほどのことがあるので

また来たかぁ!!!(@0@)

と思いましたが、今度は270gでした(^-^;
でも、入れ替えです。

そして少し余裕をもって帰着しました。

ボートを桟橋につける際
いつもの支配人が迎えてくれたので
ガッツポーズして、やったでぇ!
と伝えました。

意味がわからなかったようなので
ライブウェルを指差すと、支配人は

大きいの入っとるやんけぇ。

といいつつも

でも、あの大きな黒いのは何入れとるん?
っていうんで

あのデッカイのがバスやん!

というやり取りのあと(^-^;
帰着申請に向かいました。

今の津風呂湖は減水して桟橋から会場まで
随分階段を上がっていかなければなりません。
毎回、フラフラと上って行くわけですが
このときは足取りが軽い軽い♪
トントントンと駆け上がって行きました(笑)

検量すると、4032g。
で、優勝しちゃいましたぁ!!!(^0^)/やったぁ~

P9190017_convert_20100923095909.jpg

↓こちらがインタビュー動画です(^-^)

優勝インタビューの動画

スタッフのみなさん、選手のみなさん
そして津風呂湖観光のおっちゃん、おばちゃん
みんなに声をかけていただいて
本当にありがとうございましたぁ(^0^)/

P9190008_convert_20100923095801.jpg
スポンサーサイト
2010.09.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


JB津風呂湖第4戦ジャッカルカップの 前日プラまでの模様です
カテゴリ: JB津風呂湖
前週プラは土曜日の1日だけ入りました。
今年は夏の猛暑がクローズアップされましたが
こと水中のバスのことを考えると
まず、非常になが~い春が続きました。

津風呂湖ってスポーニングの時期が非常に短いイメージが
あったんですが、なんと8月に入ってもフライを守る
親バスの姿がありました。

そして、ようやく夏パターンに入り
イマカツのセクシーアンクルを使って
無茶苦茶釣れている時期がありましたが
なんとあっと言う間に水の中が秋になってしまいました。
残念ですが、このパターンは来年の夏まで
温存しときますわぁ(^0^;
とにかく、一瞬にして夏が終わってしまったと言う感じでした。

しかし、それを意識して釣りをすることによって
若干苦労されている他の選手とは違って
コンスタントに40後半の魚を捕ることができていました。

好きか嫌いか問われると、季節としての秋は
四季の中で一番嫌いな季節かもしれません。
僕は夏が好きなんですが、その夏に向かっていく
初夏なんかはワクワクするんですが
秋は夏が終わっていく寂しさが
なんか好きじゃないんですよねぇ。

しかし、ことバス釣りに関しては
どうも秋が一番波長が合うようなんです。
昔から試合で盾をもらうのはいつも後半戦に集中しているんです。

さて、9月11日土曜日の状況ですが
ますます魚が釣れやすくなっていました。

キーパーも20本程度釣り、3本のウエイトは3060g。
ただ一つ気がかりだったのが、さらによくなるであろうと
目論んでいたディープが今ひとつパッとしなかったことです。

前回のチャプター最終戦は年間順位を確実に上げて
近畿ブロックの出場権を得ることが
最大の目標でしたが
今回のJB最終戦は目的が違います。
なんと第3戦目まですべて5点なので
もはや年間順位は関係ありません。

そう、上位入賞しか考えていませんでした。
手応えもあったので、敢えて言葉に出しておこうと思い
ツージーさんには、

JB最終戦はお立ちは間違いないんで、問題はその中で
何位になるかですわぁ(^0^)

と伝えておきました。
ツージさんには

けんすけさんいつからそんなビッグマウスになったんですかぁ(笑)

と言われましたが、ライトキャロのスイミングには
それほど確信を持てるものがありました。

そして迎えた前日プラですが...

チャプターはくじ運でフライト順が決まりますが
JB戦は3番目のフライトが決まっています。
そのため、最初は屋敷跡に入ろうと考えていました。

前日はちょっと状況確認をしておこうと思って見にいってみたんですが
水位の低下によってフラットの水深が1m程度になってしまっており
まったく状況が変わってます。
ベイトやバスの状況を観察してみようと
時間を費やしてみましたが、到底試合で使える状況では
ありません。

まぁ、いつものことですが、やはり大幅な作戦変更が必要なようです。
そのなかで左の筋を上がっていった津風呂湖観光の看板周辺で
かなり生命感を感じ取ることができました。
せいぜい400g程度までですが
キーパーがコンスタントに釣れます。
そして釣れはしなかったですが
あきらかに大きな固体がベイトを追っています。

さらに上流に向かい、岩盤エリアに差し掛かると
200g台のキーパーは入れ食いです。

とにかくこちらは魚が濃いなぁと思い
メインエリアをこちらに切り替えることにしました。

ただ、大きな問題が...釣れる魚が小さいことです。
なんと300gが大きな壁なんですね。
これでは勝負になりません。

ただし、その勝負を考えると1キロのベースをつくること
も重要だと判断しました。

そして、いよいよJB最終戦当日の模様は次回に続きます...
2010.09.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


更新をさぼっている間に...
カテゴリ: JB津風呂湖
2ヶ月も更新をさぼってしまっているうちに...

チャプター津風呂湖も終了し、そしてJB津風呂湖も全戦終了しました。

チャプター津風呂湖第4戦は3位、JB津風呂湖第4戦は優勝と
今年の絶不調がうそのような出来すぎの成績で両日程を
終えることができました。

この2戦にまつわる内容は改めてアップロードします。

とりあえず...疲れました...(-0-)
2010.09.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


いよいよ来ました
カテゴリ: JB津風呂湖
先週の土曜日は朝暗いうちから家を出て
始発の新幹線で東京へ...

とりあえず、車内で朝食です。

P2060001_convert_20100211142047.jpg

そして、いつものごとくその日の夜行バスで
大阪へ帰ってくるわけですが、途中のサービスエリアで
こんな感じでした。

P2070002_convert_20100211142306.jpg

いつもなら梅田に到着している時間に
こそっとカーテンのすきまから外を覗いてみると
何故か一面の銀世界です(-0-)

まったくどこを走っているのかわかりません。
っていうか、何故か下道を走っています(-_-;

結局、雪のために高速の一部通行止めなどがあったようで
4時間くらい遅れて、まぁなんとか帰ってくることが
できました。

とりあえず、いったん家へ帰りシャワーを浴びて
再び出かけます。

今度は南港のインテックス大阪です。
そう、フィッシングショーへ向かった訳ですが
ショーを見学というわけではなく
チャプター津風呂湖のスポンサーを受けていただいた
メーカー様を中心にご挨拶のために向かいました。

P2070003_convert_20100211142245.jpg

改めて、各メーカー様今年一年よろしくお願いいたします。

さて、いよいよJB本部から今年のゼッケンやステッカーが
届きました。

P2110005_convert_20100211142359.jpg

で、ゼッケンは1番(^0^)/

P2110004_convert_20100211142331.jpg

昨シーズンはひさかたぶりのJB戦復帰、そして
よくわかっていない津風呂湖に一年間できる限り通い込み
ある意味、リハビリの1年だった訳ですが
まさか今シーズンをゼッケン1番で迎えることができるとは
想像もしていませんでした。

実際のところ、全4戦の各試合の内容はというと
ショボショボなんですが...(^-^;
まぁ、結果オーライということで...

でも今年は、このゼッケンに恥じない試合をしたいものです。

津風呂湖解禁まではまだ約1ケ月ありますが
はやく春がくるといいですね(^-^)
2010.02.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


JB津風呂湖第4戦
カテゴリ: JB津風呂湖
10月4日JB津風呂湖第4戦に出場してきました。
いよいよ最終戦です。

3戦終了時点で暫定の年間順位が3位でした。
1位は秦プロ、2位は山岡プロ。
共にTOP50で戦っているトッププロです。
できれば順位を上げたいのはやまやまですが
秦プロとは40ポイント差、山岡プロとは28ポイント差と
大きくひらいています。
それよりも、4位の三宅プロとは1ポイント差で
チームメイトのわだっちプロとは4ポイント差と
3位争いが接戦でした。

上のお二人はもちろんもこと、三宅プロもわだっちプロも
こけることなんて絶対に考えられない方々ですから
守りに入って順位を維持するということも到底無理な話です。

そのことを踏まえて前日プラに入ったわけですが(-0-)...
はっきり言って釣れすぎです(^-^;
特大が釣れるかどうかは別として行くとこ行くとこ
バスが釣れてしまいます。

キーパーギリギリからキロフィッシュまでサイズはまちまちです。
一番多いのはやはり400gから500g程度の魚なんですが
この状況からしても、やはり大きな魚を狙っていかないと
いけないようです。

特定のパターンで釣れるならともかく
これは、みなさん釣ってくるなぁという感じでした。

ただし、前日プラは雨の影響もあり活性が高いという感じで
日曜日は良い天気になりそうなのでそのことも踏まえて
ウエイトは最低1500gに設定。
目標は2000g。
もちろん、そこにビッグバスが入れば文句なしなんですけどね(^-^;

で、いよいよ最終戦当日を迎えたわけですが
いつものごとくフライトは最後の方です(T-T)
狙いのポイントに入れるかどうか、ドキドキしながら
フライトする選手達を見送ります。
たぶん、このとき僕の目はかなり血走っていたと思います(笑)

と言っても、大方の選手の動きは想像できたので
それほど心配なかったんですが
そこは、たぶん誰が行って何を投げても朝一なら
釣れちゃうポイントなので、きがきではありません(^-^;

そこはキーパーと言ってもかなり重要な700gフィッシュが
釣れる場所です。

そして、僕の名前がコールされてエレキ全開で向かいました。
無事ポイントにも入ることができ、いよいよ第1投です(^-^)/

あれ?反応なし(-0-)

気を取り直して2投目...。

ロッドティップにコンコンと生命感が伝わってきます。
きたぁ!(^0^)/

無茶苦茶なランディングで700gフィッシュゲットです(^-^)v

急いでライブウエルに入れて、できればもう1本とっときたいなぁ
と思って頑張っていましたが、ふとライブウエルを見ると
なんか様子が変です。
僕のライブウエルは透明なんで、中の様子が見えるんです。

え~っ!(@0@)と思って介抱しながら釣りを続けていましたが
今からウエインの時間までがんばってくれるかどうか...
というよりも、このままではとても釣りに集中できません(T-T)

苦悩の末、リリースすることにしました。
フラフラと泳いで行ってくれましたが
がんばって生き延びてくれよ~!ごめんねぇ(T-T)

気を取り直して...といいたいところですが
かなりショックを引きずったまま
釣りを続けます。

しかし、ここで守りに入ってはいけません。
次のポイントに到着してベイトタックルを握りしめます。
モグラジグにジャバシャッド。
朝のキッカー狙いに行きます。
約200m程度のストレッチ、ビッグバイトを信じて
投げ続けますが...何も起こりませんでした(-0-)

ここで、ようやくキーパー取りに専念することにしました。
最初から守りはダメですが、こけることはもっといけません。

釣れれば500gから600g程度の魚が望める岬に行きましたが
残念ながら音沙汰なしです。
これは想定内なので仕方ありません。
それよりも、ここで粘ってしまわないように時間を決めて
いよいよ困ったときに行く場所へ向かいました。

この日選手が大勢集まるであろう場所の近くなんですが
僕の目指すポイントはそれほど人が入らない...というか
入っても流していく感じで、僕自身が入ることができない
ことはないだろうと考えていました。

随分時間はかかりましたが、ようやくポイントに到着。
予定通り誰もいませんでした。
しかし向かい側は大勢の船団になっています(^-^;

さて、ここでサイズはともかくリミットを揃えてしまわないと
いけません。

そして、ここでのファーストバイトがきました。
バスがラインをすーっともっていきます。
十分にタイミングを見計らって...フッキング!(> <)
と思ったら、すっぽ抜けました(T0T)なんで~!

気を取り直して次のバイトで...やっとキーパーゲットです(^-^)v
しかし、覚悟はしていましたが、オンラインキーパーです(-0-)

そして...お次はそのお兄さんバスが釣れました(^-^)

実はこの時点でなんか変やなぁと感じていました。
バスの反応...なんか釣れ方というか...
なんか違うなぁと思っていたんです。
でも、まぁそういうこともあるやろと思って頑張っていましたが
後でウエイン会場で森口プロに聞いたところ
僕がその場所に入る前に、どうやっら徹底的に
やっつけてくれていたそうなんです(T-T)
他の選手はともかくとして、まさか森口プロが
ここに目をつけていたとは...うかつでした(笑)
ちなみに、森口プロは6位でした(-0-)

しばらくすると、山岡プロがやってきました。
この時点でなんとノーフィッシュだそうです。
それはそれで、エライこっちゃですやん。

僕もあと1本なんとか頑張ろうと極力ポイントから離れて
なるべく遠くからキャストしていました。
軽いリグを飛ばすためにとんでもないテンプラキャストを
していたんですが、失敗してそれこそとんでもない
木の上に引っかかってしまいました(T-T)はずかし~!

そのとき、山岡プロと僕の間でバスのボイルがありました。
一瞬山岡プロの方を見て...僕の方が近かったからか
山岡プロも遠慮してくれたようなので
そちらに向かってキャストしようと思ったんですけど
先ほど木に引っかかって切れてしまったままだったので
え~い、なんでもええから投げなあか~ん!
と思って、即座にダウンショットをリグってあった
タックルを握りしめキャストしました。

もともと、最近ダウンショットは活躍していなかったので
前日プラでは用意もしていなかったんですが
当日の朝、なんとなく用意しとこかなぁと思って
受付後にリグっておいたんですが
ほんま助かりましたぁ(^-^;

そして、僕の投じたダウンショットに
今度はお父さんバスが口を使ってくれました(^-^)v
ナイスキーパーです。

山岡プロ...ごめん(爆)

僕はしばらくしてから、再度勝負をするためにその場を離れたんですが
なんとその後、山岡プロはウエイトこそ出なかったものの
キッチリとリミットメイクをして帰着しておりました。
やはり、あなたは宇宙人ですわぁ(^-^;SUGOI!

それから朝の勝負場所を回って頑張ってみましたが
何も起こることなく、1130gでのウエインとなりました。

PA040003_convert_20091006212327.jpg

ウエイン会場では結構長蛇の列にはなっていましたが
全体的にローウエイトだったため、前回同様の8位のフィニッシュ
となりました。

さて、気になる三宅プロとわだっちプロの結果ですが...
三宅プロは1560gで見事3位入賞。
やっぱり、釣ってきはりますわぁ。
おめでとうございます!(^-^)/

わだっちプロのウエインバッグを見ると
ジャストキーパーサイズが3本泳いでいました。
それを見た僕は...ガッツポーズですわぁ!(^-^)/

チームメイトやのに...ごめん(爆)

その結果、三宅プロには抜かれてしまったものの
それほど順位をくずすことも無く
年間成績は4位ということでお立ち台に上がることができました(^-^)v

PA040014_convert_20091006212629.jpg

なんか、久しぶりのインタビューで
結構緊張気味ですぅ(^-^;

PA040020_convert_20091006212712.jpg

そしてチーム戦では前回の準優勝に引き続き
優勝することができました!(^-^)v

PA040006_convert_20091006212404.jpg

チーム戦の年間成績の表彰もありましたが
「TEAM R&B@紺甚」年間成績も2位でフィニッシュです(^-^)

PA040027_convert_20091006212929.jpg

ほんま、よーでけたチームに入れていただいて
ありがとうございました!
でも、エリート5の投票してもらう権利が取れなくて
残念やったね(笑)
しゃぁないから、秦プロに投票しておきます(爆)

それにしてもうちのチームは結構できる子チームでしたねぇ。

PA040029_convert_20091006213153.jpg

よく考えたら、奈良チャプの昨年のチャンプと
今年の2位ですもんねぇ。
うちのチームはね、チーム戦で戦うための情報交換は
ないんですよ。
みんな戦略がバラバラやし。
だから、バッティングもなしですわ。
情報交換どころか、試合前はお互いの腹の
さぐりあいですもんね(爆)

前回の準優勝の盾はわっだちプロ宅にありますが
今回の優勝の盾はありがたく私がいただいておきます(^-^)

PA040028_convert_20091006213017.jpg

次回は生野銀山湖でのバスプロ選手権ですが
今度は個人成績の盾をいただきたいものです(^-^)

それにしても、僕たちがこうやって試合で一喜一憂
できるのも、一年間を通してスタッフのみなさんが
頑張って運営してくださっているからこそです。

本当に一年間ご苦労様でした!
そして、ありがとうございました!

結局個人成績では一度もお立ち台にあがることのできなかった
シーズンでしたが、この日は3度も前に出ることができて
まぁ、なんかええ一日でした(^0^)

撮影してもらおうと思って僕のデジカメを渡して
お願いしたんですが...(-0-)

誰とは言いませんが...渡す人を間違ってしまったというか(-0-)...

お約束の1枚...どうもありがとうございましたぁ(核爆)

PA040009_convert_20091006212508.jpg
2009.10.06 / コメント:: 12 / トラックバック:: 1 / PageTop↑


プロフィール

hello.kensuke

Author:hello.kensuke
山田謙介
TEAM BLADE 代表
NBCチャプター津風呂湖 会長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。